古本⇒お金

2011年03月07日

絹タンパク質で電子書籍の速度向上、台湾科学者


絹タンパク質で電子書籍の速度向上、台湾科学者

台湾の国立精華大学(National Tsing Hua University)の材料工学の研究チームが6日、カイコが作るタンパク質を使って効率の高い電子ペーパーを製造できると発表した。

 絹タンパク質「フィブロイン(fibroin)」を電子ペーパーの材料となるトランジスタに使うと、電子信号の伝送速度が20倍高速になるという。

 同大の材料科学工程学系(Department of Materials Science and Engineering)の黄振昌(Peter Jenn-Chang Hwang)教授は、AFPに「つまり、電子ペーパーを使っている電子書籍のページをめくる速度が速くなるということです」と語った。
 
 さらにこの素材は、次世代のフレキシブル・ディスプレーに採用できるという利点がある。3年以内に実用化される可能性が高いという。論文はドイツの専門誌「Advanced Materials」に掲載された。
posted by リズ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189424386

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。